今なら147000円で日本語教師へ!通信で日本語教師養成講座

こんにちは、ジャパンセンターオーストラリアの大橋です。

ジャパセンはいろいろなことをしているちょっと変わった留学会社ですが(笑)、実は学校部門も持っています。ジャパセンが手掛ける学校部門は

◇ TOEIC2週間集中講座(TOEIC公式テストセンターも兼ねる)
◇ 日本語教師養成講座420時間
◇ 日本語学校(BBICollege)

が、あります。

TOEICは、上記の通りにオーストラリアのTOEICから認定を受けて、TOEICの公式テストセンターであり、その関係で、得点アップのためのTOEIC集中講習を毎月のように行っています。
> ジャパセンのTOEIC2週間集中講習

また、日本語教師を育てるための講座も運営しており、それが日本語教師養成講座420時間。お陰様で多くの卒業生は日本でもアジアでもオーストラリアでも就職を決めていっています。
> ジャパセンの日本語教師養成講座420時間

そして、日本語教育関係をしているので日本語学校も開校しています。BBICollege Japanese Language Schoolが正式名称ですが、オーストラリア人の日本語学習者に日本語を教えています。もちろんうちの日本語教師養成講座420時間出身者もうちの学校で日本語教師として活躍もしています。
> BBICollege Japanese Language School

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

こんな風に学校部門を持っているジャパセンですが、今日はその中で、日本語教師になるための資格、日本語教師養成講座420時間に関してお伝えしたいと思います。ジャパセンで扱っているのは通学コースと通信コース。今日はそのうち通信講座に関してお伝えします。

ジャパセンが提供している通信で日本語教師養成講座420時間は、その名前の通りに通信ですべて学習できる日本語教師養成講座420時間の講座です。

 通信で日本語教師養成講座420時間

通信で学習できるから、オーストラリアにいても、日本にいても、世界のどこにいても学習できるというのが最大の特長です。また通信だから、自分のペースでできるので、仕事をしていても大学生でも留学をしていても対応できるところも特長的です。でもそう聞くとしっかり全うできるのかな?って不安になるかもしれないけれども、これも特長的なのが、何と講座全体の80%以上の人が終了をしているっていう事実があります!

通信講座は、日ペンの美子ちゃんなど有名なものがたくさんありますが、比較的安めの設定で対応しているところが多いと思います。多くの通信講座を扱っている企業に聞いたところ、安くできるのは、通信講座なのでやはり全員が全うできるわけではなく、平均すると約15%程度が最後まで行く人になるとのことで、それ以外の方々は途中で止めてしまうことが多いらしいです。そういったところも見越した料金設定となっているので、比較的安く設定できるらしいのですが、そのことを当てはめると、ジャパセンが紹介しているこの通信講座の全う率(卒業率)80%以上というのは、実はとてつもない数字なのです!

皆さんが一所懸命勉強しているところが当然要因でもあるのですが、実は、それぞれ担当をしている講師からのフィードバックの質と量が半端なく、そのコメントからとてもやる気にさせる内容なので学習が継続できると聞いたりしています。

いずれにしても普通に行えば、基本的にはきちんと修了でき420時間の修了証が発行される講座なのでどうぞ安心してお申込み頂ければと思います。

さてこの通信で日本語教師養成講座420時間ですが、魅力はたくさんありますが、その一つとして、上記コメントにも触れていますが、安さ!が挙げられます。

通信だからという要因ももちろんあると思いますが、恐らく一番安い日本語教師養成講座420時間の可能性があるのではと思います。安かろう悪かろうではなく、本当にしっかりとした講座なのでその点は安心して頂きたいのですが、恐らく本当に安いことは事実です!

講座費用は1740豪ドルです!

日本円に換算すると、本日のレートを採用すると、146750円です
※1豪ドル=84.34円(三菱UFJ銀行のTTSレート)

日本の日本語教師養成講座機関の通学コースは通常60万円前後です(学校による)。

そしてジャパセンの通学コースの日本語教師養成講座は4950豪ドルなので417500円(同レートを採用)です。

これらと比べた時にこの通信講座は

日本の講座費用の約25%であり、弊社の通学コースと比べても35%ほどの費用で同じ420時間の終了証がもらえます!そういった意味で本当に安い講座なのです。

講座費用は豪ドル表記なので、1740豪ドルは変わらないのですが、日本円で換算をした時にはその時のレートによって変わります。1豪ドルが70円であれば、なんと121800円です。

1豪ドルが100円の時は、174000円です。

この費用でも十分に安いですが、上記の通りにその時のレートによってはさらに安くこの講座を購入(受講)することができるので、ある意味レートを見ながら対応をしていってもいいのではとも思います。

オーストラリアドルと日本円の動向ですが、最近は1豪ドル80円から95円くらいを行ったり来たりしていて、多いのは1豪ドル90円前後の時に落ち着いている時です。従って、今のレート80円中盤は、実は最近の中ではとても円高の日本人の皆さんにとってはとてもお得なレートの時期とも言えます。

この講座は、購入してから、最大3年間以内に終了すれば420時間の終了証が発行されます(平均1年間で終了される方が多い)。よって、すぐに開始できなかったとしても大した影響はしないので、とにかく日本語教師になりたくて、そのために日本語教師養成講座の資格を取りたいと考えているのであれば、こういったレートがいい時を利用してお申込みをされることも一考かと思います。

この円高の時期に、かねてから日本語教師になりたいと思っている方は、もしかしたらお得な時期かもしれないのでどうぞ検討をされてみて下さい。お申込みは以下のオンラインからご対応ください。

> 通信で日本語教師養成講座420時間お申込み

:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

≪ジャパセン(BBI)の学校部門≫

 ジャパセンのTOEIC集中講習及びTOEIC公式テストセンター
 日本語教師養成講座420時間
 BBIC Japanese Language School in Sydney

【ジャパセン(BBI)が適用する日本語教師養成講座420時間】

通学コース: BBICシドニーで日本語教師養成講座(全11週間)
通信コース: WJLC通信で日本語教師養成講座

◇ ジャパセンへのお問合わせ
 ジャパセンのオフィスはこちら

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~∞~~~∞~~~∞~~~∞
:’* ☆°・ .゜★。°: ゜・ 。 *゜・:゜☆。:’* ☆°

あわせて読みたい