HOME > 体験談 > 英語環境で働いた 体験談 > 幼稚園ボランティア 体験談

英語環境で働いた体験談&修了アンケート│インターンシップ、幼稚園ボランティア、日本語教師ボランティア、有給インターンシップ

幼稚園ボランティア体験談

幼稚園ボランティア体験談

私の名前を何度も呼んでくれて毎日が本当に幸せだった

プログラム満足度: 
90点/100点
満足度満足度満足度満足度満足度
お名前:
藤井 郁音さん 
期間:
2017年8月から3週間
志望動機:
将来海外で教師をしたいと思っていたから。またほかの国の教育システムに興味があったから。
幼稚園ボランティア体験

こんな経験をしました!

朝行くと子供たちが寄ってきてくれて、私の名前を何度も呼んでくれていろいろなことを話してくれてとても嬉しかったです。かわいくて仕方なく、毎日が本当に幸せでした。子供たちが私の真似(書道パフォーマンス、相撲、空手など)をしてきたり、ハグしてきてくれたり、I miss you.や、私が最終週、子供たち全員に配ったメッセージカードを宝物と言ってくれたりして本当にうれしかった。先生とも本当に仲良くなれていろいろなことをお話しできました。最終週は毎日のようにI miss you. You are nice.とほめてくださったり、facebookを交換しようといってくださったり、また来てねと言っていただけました。最終日には子供たちと先生方からサプライズでプレゼントをいただきとても感動しました。またいつかこの幼稚園に戻りたいです。

1日のスケジュール

※ある一日のスケジュールです。

7時00分 起床
7時20分 朝食 メニュー(パン)
9時00分 幼稚園到着
9時00分~10時20分 午前活動 自由遊び
10時20分~11時50分 午前活動 外遊び
12時00分 昼食
12時30分~14時30分 午後活動 お昼寝
15時00分~16時00分 午後活動 グループ遊び
19時00分 家到着
19時00分 夕食
23時00分 就寝

全体でかかった費用のおおよそ

40万円

幼稚園でした活動やお手伝い

書道パフォーマンス、相撲大会、そうらん節をみんなで踊る、桃太郎の紙芝居(手作り)を読む
グループ活動をしきる(英語の本を読む、歌を歌う)、食事の準備、子供と遊ぶ、おもちゃを洗うなど

ボランティアで学んだこと

尊敬できる先生方に出会え、この幼稚園の先生のようになりたいと思えました。本当に毎日が楽しかったです。

アレが知りたい。コレが知りたい。

ステイ先はどんな地域でしたか?

バスも近く幼稚園も徒歩15分ととても恵まれた地域でした。ありがとうございます。

家族や食事はどうだった?楽しかった思い出、文化の違いは?

私が週に一回教会の言語学校に通っていたり、友達と夜ご飯をシティーで食べに行ったりしていたことや、子供たちが金曜日、土曜日、日曜日父親のところへ行ってしまったり、習い事で忙しかったりした関係で子供たちとはあまり仲良くなる機会が少なかったことがとても残念でした。しかし、マザーとはオーストラリアの政治の話や、お互いのプライベートの話、シドニーの物価や教育事情など様々なことを話すことができてとても楽しかったです。マザーは私が積極的に話をして会話ができたこと、自己主張もしたこと、きちんと話すことをとても喜んでくれました。マザーからはこれからの人生でためになるようなことをいろいろとアドバイスしていただけてとてもためになりました。週末は私のつたない英語に付き合って、1時間以上毎回会話してくれてとても嬉しかったです。また、私が頼んだら、本や靴下も貸していただけました。もしホームステイをするならば部屋に閉じこもらず、積極的にリビングに行き、家族とかかわることが本当に大事だと思います。

日本出発前にしておけばよかった!

出発前にスピーキング、リスニング力をもう少しつけておきたかった。

「出発前」と「今の英語力」は何が違う?

語学学校に行っていた時とは違う、生活に密着した英語が学べました。語学学校はネイティブでない人や先生と話していたため、英語の速さが速いということや、聞き取れないということがあまりなかったが、幼稚園では英語のスピードが速く、最初は全然聞き取れなませんでした。しかし、徐々に聞き取ることができるようになり、少し英語力が向上したように感じます。

この経験を今後どのようにつなげていこうと思う?

自分の夢が海外で教師になることでその夢が明確になり、モチベーションにつながったため、英語力の向上させたいです。発音や独特の言い回しを学び、リスニング力、スピーキング力を高めていきたいと思います。

これから参加する人へアドバイスを一言!

子供が好きで海外の幼稚園で働いてみたい人が参加するにはとても良いプログラムだと思います!。日本にいる間に出来る事はいろいろと準備してから行ったほうがいい。積極的に子供とかかわり、日本文化を伝えるととっても喜んでくれます!

前の記事へ                                              次の記事へ


PAGE TOP ▲