HOME > 体験談 > 英語環境で働いた 体験談 > 日本語教師ボランティア 体験談

英語環境で働いた体験談&修了アンケート│インターンシップ、幼稚園ボランティア、日本語教師ボランティア、有給インターンシップ

日本語教師ボランティア体験談

日本語教師ボランティア体験談

毎日充実した時間を過ごすことが出来た。

プログラム満足度: 
100点/100点
満足度満足度満足度満足度満足度
お名前:
田代 真結さん 
期間:
2017年3月から4週間
志望動機:
幼い頃から小学校教諭になることが夢で、また海外で働くことにも興味があったので申し込もうと思いました。オーストラリアを選んだ理由は、高校生の時に一度オーストラリアに行き、とても良い経験が出来たこともあり、ぜひもう一度行きたいと思ったからです。 また、海外の小学校の実態を知ることと、日本語の教育がどのように行なわれているかを知ることがこのプログラムに参加した目的でした。参加前に予想していた以上に充実した生活を毎日送ることができ、無事に目的は達成できたと思います。

こんな経験をしました!

4週間というとても短い期間での活動でしたが、大きな成長に繋がるとともに、将来の夢に深く関わる貴重な体験をすることが出来ました。海外に1人で来る機会は今回が初めてで楽しみな気持ちと若干の不安も当然ありました。しかし、出会った現地の人々は親切で社交的な方ばかりで、1日と経たないうちにオーストラリアでの生活への不安は消え去りました。また、私は海外の人々の自らの意志をはっきり伝える態度が大好きです。謙虚な態度とよく言われる日本人にはない感覚を体験し、とても良い気分になりました。実際に私は一度だけホストファミリーに上手く気持ちが伝えられず、勘違いが生じてしまったことがありました。それでもその後、はっきりと自分の意志を伝えたことでより関係を深めることが出来ました。とても良い経験だったと思っています。

派遣校ではさまざまな生徒たちとの交流がありました。小学生は可愛らしく、見ているだけで幸せな気持ちになりました。授業にも積極的に参加し、間違っても気にしないという感情が強く伝わってくるくらい多く発言してくれる姿を見てとても嬉しくなりました。中学3年生までは必修科目な為、中には日本語を勉強することが嫌な生徒も当然いました。どのようにしたら理解してもらえるか、少しでも楽しく勉強してくれるか、考えながら学習プリントを作ったり簡単なゲームを取り入れたりした授業づくりは、慣れていない分大変だと感じることも多々ありました。しかし、自分にとって大きな成長となると実感するくらい生徒たちも頑張って取り組んでくれる姿を見ることが出来て、やり甲斐を感じました。活動を終えてレポートを書いている今まで、一度も日本に帰りたいと思った瞬間は訪れませんでした。むしろ、まだ帰国したくない気持ちでいっぱいです。それくらい毎日充実した時間を過ごすことが出来ました。やらないで後悔するなんて、本当にもったいないです。常に全力で、何事にも取り組んでいけて良かったです。

もし機会があれば、是非もう一度活動したいです。将来はまたオーストラリアに戻って日本語を子供達に教えたいという夢がわたしにはあります。前より強く思っているのはこの活動があったからこそだと感じています。とても幸せだった4週間に感謝しています。もっと多くの人々の参加を願っています。ありがとうございました。

1日のスケジュール

※ある一日のスケジュールです。

7時00分 起床
7時30分 朝食 メニュー(シリアル)
8時30分 学校到着
9時00分~9時50分 午前活動 中学3年生/四季に関する作品作り
9時50分~10時40分 午前活動 内容 中学2年生/自己紹介文作り
11時00分~11時50分 午前活動 内容 小学4年生/動物の名前
11時50分~12時40分 午前活動 内容 中学2年生/自己紹介文作り
12時40分 昼食 メニュー(サラダロール パン 果物)
13時30分~14時20分 午後活動 内容 高校1年生/長文読解
14時20分~15時10分 午後活動 内容 中学1年生/日本の特徴調べ
16時30分 家到着
19時00分 夕食 メニュー(サラダ キノコ お肉)
19時30分~21時00分 内容 ホストファミリーと談笑、入浴
22時30分 就寝

アレが知りたい。コレが知りたい。

どんな授業をしたの?

教えた学年:小学1年生から高校1年生まで / 1週間の平均授業数:25回

ひらがな/カタカナを正しく書けるようにする説明、自己紹介文(お名前は、何歳ですか、電話番号は、どこから来ましたか、どこに住んでいますか、何人ですか、何が好きですか)、簡単な日本語の歌を歌う、形容詞と形容動詞、家族の表し方、人数の数え方、等。

授業を一人で任された?

はい。今学期から転校して来て初めて日本語を学習する生徒に対して少人数授業を行いました。ホワイトボードとマーカーを使って繰り返し書いたり聞き取ったりする練習をしたり、教科書の問題を一緒に解いていったりしました。必要に応じてテストや説明プリントを用意し、理解しやすくする工夫をしました。

日本語授業の他に参加したイベント等は?

授業1コマ分を使ってひたすら歩いたり走ったりする行事に参加したり、学期末にはイースターのイベントに参加しました。

費用は全部でおおよそどれくらい?

食事は毎回ホストファミリーが用意してくれるので、お土産代を除けば4週間で20ドルも使わなかったと思います。

派遣地の地域はどんなところ?

たくさんの自然に囲まれたのどかな街で、すれ違う人たちが挨拶を交わしてくれるとても心温まる素敵な地域でした。車で10分ほどしたところには建物がいくつも並んでおり、生活用品をすぐに買えます。わたしにとって、とても過ごしやすい地域だと感じました。

日本出発前にしておけば良かった事は?

日常会話でよく使用される英文や英単語を覚えておいたり、普段からもっと積極的に英語に触れる機会を設けておけば良かったと思いました。

この経験を今後はどうつなげていきたい?

今回の経験を通して、以前にも増して海外への興味、また英語への興味がわきました。海外の人々の社交性や親切心、積極性にとても感動したので、是非日本の人たちにも伝えていきたいです。苦手な英語の勉強も自ら取り組めるようになりたいと思います。

出発前と現在の英語力は何が違う?どれくらい伸びた?

出発前は自分の英語力に自信がなかったのもあり、あまり積極的に表現していなかったので実力以上に乏しかったと思います。4週間過ごした後は、とにかく上手く文章に出来なくても何とか伝えようという気持ちで会話をすることを試みたので、積極性が生まれ会話の中から学習して少しずつ形になる文章を自然と口に出すことが出来るようになりました。

授業中に工夫したことは?

授業中に生徒たちが集中するように声掛けしたり、会話のやり取りの見本を日本語教師の方と実際に見せて分かりやすく表現したり、教材準備を手伝ったり共有スペースの掃除をしたりしてサポートが出来たと思います。

これから参加する人へアドバイスを一言!

日本の文化や歴史、地理についてある程度知識を得ていると、話題として取り上げる機会を増やせると思います。

前の記事へ                                              次の記事へ


PAGE TOP ▲